多額の借金を背負っているという場合、任意整理を行うことにより、返済額を少なくすることが出来ます。しかし、任意整理の手続きを行うとその情報が信用情報機関に登録されます。その為、各種ローンやクレジットカードを作るときの審査を通過することが出来ない可能性があります。
任意整理の手続きを行い、借金返済中に子供の教育ローンを利用するという場合、それは可能なのでしょうか。高校や大学に進学する時に利用する奨学金については、借り入れをするのは子供です。その為、親が債務整理を行っている場合でも問題なく利用することは出来ます。しかし、教育ローンの場合には、借り入れをするのは子供ではなく、保護者であるため、債務整理を行い、信用情報機関に登録されている状態では利用することが出来ないことが多いため、注意が必要です。
ただし、債務整理の手続きを行っても、家族にその影響があるということはほぼありません。そのため、例えば、父親が任意整理を行った場合には、父親が契約者となって教育ローンを利用することは出来ませんが、母親がローンを利用するということは出来ます。しかし、ローンを利用する時には、審査を通過する必要があります。審査の際には、収入などが参照されることもあるため、必ずしも利用することが出来るとは限りません。
これは、民間のローンはもちろん、国の教育ローンも同様に債務整理後すぐに利用するということは難しいと言えるでしょう。
任意整理の方法|少しでも返済していきたいと考えている方はこちら